沖縄県の自立発展を目指せ

仲里嘉彦理事長

沖縄県の精神的自立・経済的自立・知的水準の向上を目指した政策提言コーナーおよび政治、教育、歴史、観光、社会、文化、スポーツ、医療、福祉、環境、情報の提供、沖縄の経済全般に関する情報提供、さらに、万国津梁機構各委員長のメッセージ、随時、座談会・対談コーナー、理事長執筆の著書より厳選して連載

サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その134
2014/01/25
国家総予算は2,000億円と云われている。 現在、南ゾーンの地上局の設置場所は九州、又は沖縄県と噂されている。 本地上局の建設誘致が、地上局のハードの誘 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その133
2014/01/24
以上、説明したアイルランドの事例を参考に、先進国型国際金融サービスセンターを沖縄に設置する構想を提案する。 即ちレキオ国際金融サービスセンター構想である。 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その132
2014/01/23
金融特区の面積は約3万坪、過去10年間にて400社を超える企業の誘致に成功し、10年間にての金融特区から得られる税収入が国全体の収入の4分の1、雇用4,200名 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その131
2014/01/22
北部地域経済振興構想の提案 プロジェクト概要 A1、先進国型国際金融センター概要 レキオ国際金融サービスセンター構想(LFSC) 欧州、 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その130
2014/01/21
第3章 北部地域経済振興構想の提案 A 約12万人の北部地域に沖縄県新政権が目指す「国際交流・国際貢献」を柱こした「ヤンバル新都市機能」を整備するため、下 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その129
2014/01/20
観光リゾート産業支援システムとは、 ⑴ 低コストの県民の翼(つばさ)を育成する ⑵ 近隣諸国との直行便の開設 ⑶ 健康志向型本土観光客の誘致メニューの ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その128
2014/01/18
第2章 北部地域経済の振興(12市町村を対象) 新都市機能を有する「ヤンバル新都市」の形成 グローバリゼーションの進展とボーダレス化の時代に、自然景観の ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その127
2014/01/17
オキナワは歴史的に海外留学、研修、また本土での大学教育を通じて高いレベルの人材を有してきたが、さらに海外留学研修制度の充実を図り、優秀な国際人材の層を厚くし、地 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その126
2014/01/16
3、行政の効率化とコーディネート機能を促進のこと 行政は引き続き民間主導にむけた規制改革を進め、コーディネーターとしてオキナワの多様な産業の多彩な展開を可 ...
もっと読む
サミットと北部経済の将来展望        国・沖縄県への提言  その125
2014/01/14
沖縄県の観光需要拡大を現実化させるには、那覇国際空港の沖合い拡張も選択肢の1つではあるが、観光需要の集中する北部地域に第2国際空港建設の必要性が高くなっている事 ...
もっと読む

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る