沖縄県の自立発展を目指せ

仲里嘉彦理事長

沖縄県の精神的自立、経済的自立、知的水準の向上を目指した政策提言コーナーおよび政治、教育、歴史、観光、社会、文化、スポーツ、医療、福祉、環境、情報の提供、沖縄の経済全般に関する情報提供、さらに、万国津梁機構各委員長のメッセージ、随時、座談会・対談コーナー、理事長執筆の著書より厳選して連載

沖縄市の今昔・夢未来(沖縄市制25周年記念誌)       その82
2015/09/24

市制25周年記念座談会 その2

沖縄市の今昔・夢未来

 座談会出席者

中 村 哲二郎 元美里村長 砂 川 正 男 沖縄市収入役 高 良   武 沖縄市水道局長 中 村 良 男 中城湾港開発推進協議会事務局長 司会 ㈱春夏秋冬社代表取締役 仲里嘉彦

 司会 本日は、ご多忙のところ私共春夏秋冬社が企画致しました、沖縄市の市制25周年特集の一環として座談会にご出席を賜り誠にありがとうございます。

沖縄市は、沖縄県が復帰致しました2年後の昭和49年4月1日に当時のコザ市と美里村が合併致しまして沖縄市が誕生して25年が経過したところであります。

その間、中城新港地区の整備をはじめ、学校教育施設整備、道路交通網の整備、上下水道、公園等各面にわたる社会資本の整備が進み、沖縄市の発展の基盤が構築されてきたところであります。

さらに、昭和62年には、全国一巡の海邦国体に向けた沖縄県総合運動公園が整備されるとともに、石川市から首里までの沖縄自動車道が整備されるなど地域活性化に向けたさまざまな事業を通して発展を遂げてきたところであります。

そこでますはじめに、コザ市・美里村の合併に直接携わってきました砂川収入役より簡単に当時を振り返ってお話を頂きたいと思います。

(2000年1月1日㈱春夏秋冬社発行の沖縄市の今昔・夢未来より)

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る