沖縄県の自立発展を目指せ

仲里嘉彦理事長

沖縄県の精神的自立、経済的自立、知的水準の向上を目指した政策提言コーナーおよび政治、教育、歴史、観光、社会、文化、スポーツ、医療、福祉、環境、情報の提供、沖縄の経済全般に関する情報提供、さらに、万国津梁機構各委員長のメッセージ、随時、座談会・対談コーナー、理事長執筆の著書より厳選して連載

信義を重んじ倫理に基づき清く美しく逞しく         沖縄づくりを目指そうその②
2015/09/15

法定闘争必至の情勢・翁長知事辺野古埋め立て取り消し表明

翁長知事は14日県庁で記者会見を行い、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う埋め立て承認の取り消しを表明したことにより、政府と県が今後法廷において全面的に争うことは必至の情勢となった。

14日県は、沖縄防衛局に意見聴取を行う通知を届けた。

意見聴取は今月28日に聞き、内容を精査したうえ、10月中旬に辺野古の公有水面埋め立て取り消し予定となっている。

この基地問題が国と県との間で裁判で争うことになれば、解決には長期間要するばかりではなく、国と県との信頼関係がますます険悪となり、沖縄の今後の振興策にも影響を及ぼすことが憂慮され、法廷闘争に持ち込まないよう、国と県は何らかの対策を講ずるべきである。

万国津梁機構 理事長仲里嘉彦

 同上の記事にご賛同の方々のご意見をお寄せ頂きますようお願い申し上げます。

mail:mail@bankokushinryou-kikou.com

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る