事業計画

嘉手納空港を返還させ、国際空港として活用

長期的展望に立てば、いずれは嘉手納飛行場も返還されるものと期待することは県民にとって当然のことである。

現在、嘉手納空港は極東最大の空軍基地としてその機能を果たしているか、滑走路は2本とも3,689メートルとなっており、返還が実現すれば、世界有数の国際空港として活用が図られることになる。

嘉手納空港が将来返還され、民間空港として活用できることになれば恩納村、名護市、宜野座村、金武町の4市町村内にある米軍基地返還後の跡地利用として日本型シリコンバレー特区として開発整備が進むと空港からいずれも30分以内でアクセスが可能となり、利便性は一層高まることになり、世界の技術者やビジネスマンの交流拠点として発展が期待される。

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る