事業計画

航空機メンテナンス基地の誘致

全世界の飛行機の需要は2万機といわれているが、アメリカのボーイング、ヨーロッパのエアバスをあわせても年間700機程度であるため、航空機の需要に供給が間に合わない事態も想定される。

また、多くの発展途上国においても経済成長がすすみ、2020年には約20億人が飛行機を利用するといわれていることから、耐用年数が20年といわれている航空機をメンテナンスによって、寿命を30年とか35年延命するなどの動きが全世界で活発になっている。

このため、沖縄においてもニーズの高い航空機のメンテナンス基地を整備することによって、雇用の場の拡大と技術者を育成し、沖縄の経済発展に結びつける方向で様々な情報収集を図りながら、航空機メンテナンス基地の早期誘致に取り組む必要があり、万国津梁機構としてもその実現に向けた運動を展開することとする。

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る