事業計画

沖縄西海岸道路の早期完成を目指す

糸満市から読谷村に至る沖縄西海岸道路は、全長50キロに及ぶビックプロジェクトで着々と整備されているが、まだ路線さえも決定していない個所もあり、早期路線を決定し、中南部都市圏の交通渋滞緩和の実現を望むものである。

沖縄西海岸道路は、産業や人口の集積する沖縄本島中南部の西海岸地域において、那覇空港や那覇港と那覇市をはじめとする西海岸地域の各拠点を結び、交通渋滞の緩和、物流の効率化、さらには観光・産業振興の支援を目的とした読谷村から糸満市に至る延長約50キロメートルの地域高規格道路である。

那覇西道路はその一部を形成しており、那覇市若狭から那覇空港までの延長約2.5キロメートルの道路として2011年8月28日開通したが、さらに残りの全区間の早期整備により、都市地区における交通渋滞の緩和を図ることである。

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る