沖縄の飛躍発展に向けた提言集

「沖縄の飛躍発展に向けた提言集」は沖縄の著名な先生方や国会議員の先生方をはじめとする12氏が毎月県立博物館・美術館において開催された万国津梁機構の定期講演会において講演した内容に加筆修正を加えて再編集したものを1冊の本として発行したものです。それを約170回にわたって長期連載を2014年12月17日よりインタ-ネットでスタート致しましたので、愛読頂きますようお知らせ致します。

沖縄の飛躍発展に向けた提言集その170
2015/09/10

万国津梁機構第11回定期講演会21回目

(2013年4月27日 県立博物館・美術館)

宮﨑政久 衆議院議員

この認可外保育施設についても防音工事の助成がされるべきだと4月15日の予算委員会に私の質問に対し、小野寺五典防衛大臣が答弁した記事が琉球新報の4月16日に掲載されておりますのでそれを引用致します。

【東京】小野寺五典防衛相は15日の予算委員会で、認可外保育施設が国の防音工事の補助対象になっていないことについて 「沖縄で認可外保育所が多い実態を踏まえて、内部で検討していきたい」と述べ、防衛省内で検討する意向を示した。

自民党の宮﨑政久氏への答弁。

国は防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律の第3条第2項に基づいて学校や病院などの防音工事を実施している。

防音工事の対象施設を定める同法施行令の第7条第3項では、児童福祉法第39条第1項に規定する保育所を補助対象施設としており、認可外は対象外となっている。

この間題は、後に新聞社も興味をもって取り上げてくれるようになり、世論の後押しも得て市町村長さんや議会も同様の趣旨で決議や要請してくれるようになりました。

予算もつけることができて制度として確立して実行することが出来ました。 課題に対して具体的な成果がつくれたことにはほっと安堵しうれしい思いです。

(平成26年4月2日発行沖縄の飛躍発展に向けた提言集より)

万国津梁機構

概要

万国津梁機構は、人類愛に満ちた平和で豊かで明るい沖縄県の県土づくりを目指します。

↑ページの先頭へ戻る